GMOクリック証券の株式投資の現物と信用

GMOクリック証券の株式投資では、現物取引と信用取引の両方を行うことができます。とりあえず株式投資を始めてみたいという人なら現物取引が中心になりますが、トレーディングがうまくなってくると信用取引に手を出したいと考える人もいるでしょう。GMOクリック証券では両方を取引できますから、うまくなってきたときに高いパフォーマンスを得るためにも用いることができます。株式を買うという表現をしたときには、現物取引を指すケースが多いです。たとえば100万円の資金があって、その資金で100万円分の株式を買う場合、これは現物取引です。これに対して、100万円の資金を証券会社に預けて200万円分の株を買うことができます。これが信用取引という制度です。100万円の資金で200万円分の株を買うことができれば、パフォーマンスを高めることができます。信用取引では、買うだけではなくて売ることができます。これを空売りと呼びます。

たとえばある銘柄を売りたいと思ったとき、画面上で信用取引の売りを選べば良いのですが、これによって、まず証券会社から株式を借りて、その借りた株式を売ります。その後、ポジションを決済するときには、市場で株式を買い、それを証券会社に返します。これが空売りという仕組みです。信用取引のできる銘柄は2種類あります。その一つが信用銘柄で、これは信用取引によって買うことができますが、空売りはできません。貸借銘柄も信用取引の対象ですが、これは信用の買いとともに空売りもできます。信用取引のできる銘柄にはこの二つの種類があることは頭に入れておかなければなりません。GMOクリック証券では株式投資として現物取引と信用取引ができます。最初の内は現物取引だけを行うのが良いでしょう。慣れてくればパフォーマンスを高めるために信用取引の買い注文や空売りなどを活用していくと良いです。信用取引をすることによって多彩な戦略を行うことができます。